忍者ブログ

猫いろは帳

FF11日記。 はじめての方はカテゴリー→はじめに。を読んでくれるとより楽しめると思います。
HOME  >    >  [PR]  >  FF11  >  ヴァナソナ
[318]  [316]  [315]  [314]  [312]  [311]  [309]  [307]  [305]  [302]  [300

[PR] 

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ヴァナソナ 

なんとなくクエストを消化したくなった日。
今日は1人で出来そうな過去クエを、と順調にコンプリストを増やしていってました。

んーと次はこれだな、第四共和軍団入団試験。過去バスのクエね。
これも移動ばっかりかよーでもやっちゃうぜー若かりし頃のザザーグが出てきたぜー。はいはい後は報告だけねー。

「よし、入団を認めよう」

待て待て。

「大工房付近のナントカさんからカンパニエの説明を云々」

だから待てと。
ネコは誉れ高きサンドリア王国軍の殊勲翼章を受けたサンドリア軍人ですよ!?祖国を裏切るなんてネコには出来ない・・・っ!それではアデュー!リトレース♪


エリア:バストゥーク商業区【S】


うわああああああああああああああああああああああああああああああ


リトレース:標的の資格があるパーティメンバーを過去の所属国へワープさせる


うわあああああああああああああああああああああああああああああああああああ


予期せずバストゥークへ移籍してしまったああああああああああああああああああああ


いや確かにクエスト名が入団試験ですけどね?既に他国に所属してるんだから、我が軍に入るか?【はい】【いいえ】の選択肢があってもいいんじゃないでしょうか。クエスト詐欺だめ!絶対!とほぼ言いがかりのような悪態をLSで喚いた後に大人しくサンドリアに再移籍してきました。
無駄に勲章2階級分剥奪されたよ・・・フッ。

そんな傷心のネコさんはサーチコメントに ;; と書き残し悲しいときは飯を食え!とばかりに絶賛夕飯離席をしていたんです。

戻ってきてたまげた。

君はどうして泣いているんだい?君が泣いたら僕も悲しいよ。

全く知らない名前の方からこんなtellが。誰の悪戯だとtell主をサーチしてみたらラテーヌ高原にレベル10代でいるじゃないですか。
とりあえずそういういたずらしそうなフレに探りを入れてみるものの心当たりが無いとのこと。嫁以外はどうやらほんとの事を言ってそうだし、嫁の2アカか?と勘繰りつつ、tell主に返事をしてみることに。

m7_a.gif「泣いてないですよ!」

主「サチコメが泣いてるじゃないですか!でも良かった。君が泣いてなくて。」

反応HAEEEEEEEE

m7_a.gif「っていうかネコの知り合いの倉庫かなんかですか。」

主「いいや。ただ君が泣いてるのを見つけて放っておけなかったんだ。」

あやしいめっちゃあやしい。

主「ところで、僕と一緒に冒険しないかい!」

なんだこいつは( ゚д゚)

スルーするのが得策か。
と思ったんですが、する事もなかったので一緒に冒険しに行っちゃいましたよ!
丁度白だったのでそのままテレポホラ。誘われてPTインしたら。

e7_a.gif「おお君は僧侶か!僕は勇者だよ!」

e7_a.gif「僕の僧侶!天使!僕のユジン!」

勇者さんは冬ソナ好きな戦士でした。ちょっと危ない人なのかしらと思いつつもPTにまともそうな白さんがもう1人いたのでそのままレベルシンクでレベル上げをする事に。
しばらく様子を見ていると勇者の会話テクが凄い。凄いっていうか変。まともそうだと思っていた白さんは勇者のフレらしく、毒舌が凄い。
勇者、通りすがりの人にいきなり手を振って

e7_a.gif「僕と冒険しないかい!」

と誘う。そんな感じでネコが入った時点で3人PTだったのがいつの間にかフルメンバーに。
ネコを含めて白が3人になったので、ジョブチェンジしてこようと勇者さんにお好みのジョブを聞いたら盗賊がいい!というのでシーフにジョブチェンジ。

e7_a.gif「僕の心も盗んだね!」

m7_a.gif「得意技はとんずらです」

e7_a.gif「嗚呼僕のふじこちゃん!」

こいつ・・・あほだ・・・ でもこのノリは嫌いじゃない。

PT会話も終始そんな感じでノリノリな雰囲気で。

Amu090412224050a.jpgAmu090412232659a.jpg





そんなPT中に勇者さんが名指しで話しかけてきました。

e7_a.gif「僕とお友達になろうか」

m7_a.gif「だが断る。」

っていうかね。なんかこの人。
おきな(ネコのバカフレ)にめっちゃ雰囲気似てる。話し方とかネタの振り方がおきなっぽい。つーかおきなじゃね?普通見ず知らずの人のサーチコメントに反応しないだろ!?
という疑惑を持ったネコは同じくおきなのフレであるおはぎ君に検証してもらおうと狩場に召喚してみたんですよ。

おはぎ君が狩場に着いた頃。勇者PTは敵がリンクしてピーンチ!

e7_a.gif「すまないそこの人!ケアルをくれないか!」

予想通りおはぎ君に話しかける勇者。
おはぎ君にケアルをもらって窮地を切り抜けた勇者PT。

e7_a.gif「ありがとう助かったよ!君は僕の友達かい?」

t6_b.gif「ビービービー」

ロボットのふりをするおはぎ君。やばい、どっちもやばい。
ネコの中の人は笑い死にしそうな程涙を流して笑ってました。

m7_a.gif「どう?おきなっぽい?」

t6_b.gif「どうだろうwwwでもフレ登録申し込まれたwww」

m7_a.gif「なんて言われたのw」

t6_b.gif「丁度ロボットの友達が欲しかったってwww」

この勇者だめだなんとかしる;;

久々にFFで大笑いして、PTメンバーがそろそろ眠いです~じゃ終わりにしよっかーって頃に、画面右上にメールのアイコンがピコピコしてるのに気付くネコ。
開いてみると1時間以上前に送られてきた勇者からのフレ登録申し込み。やっべー同じPTなのにずっと放置してたw
改めてフレ登録をしてPT終了したんですが、野良でこんなに笑えると思ってなかった。毒舌白さんもガチムチが好きだとかやっぱり勇者のフレだなぁって感じで、凄く楽しいPTだったー。
もうこの際勇者がおきなでもおきなじゃなくても楽しいからいいや。

こんな出会いもまたFFの醍醐味ですね。今後ともよろしく勇者さん(・∀・)ノ
PR

COMMENT

Name
Title
Mail
URL
Message
Color
Pass   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Secret  チェックすると管理人にのみ表示されます。

ヴァナソナ 
古き良き時代を感じさせますなぁ、なんとなくw
今じゃマクロにネタ仕込んでる人は少なくなりました( ´'з'`)
着替えが多くてセリフいれられないよヽ(`Д´)ノウワァン
とはく爺 2009/04/14(Tue)09:22:26 編集
Re:旦那さん
そういえば昔は今よりもロールプレイをしている人が多かったような気がするね~。ネタマクロもめっきり見なくなったなぁ。
着替えと言えば昔は着替えでキャラ点滅させるなよ!的な感じでしたが、今ではうわーこの○○着替え無しかよ^^;っぽい風潮ですもんねぇ。
もう毎回WSやアビ使用時に手打ちでセリフ言うんだ!w
管理者:ネコ 2009/04/15 18:17
ヴァナソナ 
ちょっと話きいてたけど、まさかここまでの展開とはwww
やっべ、このブログだけで笑い死ぬww
Caimu 2009/04/17(Fri)00:53:51 編集
Re:かいむくん
いやぁ、是非かいむ君ともお話させたい。なんかいつもテンションマックスで楽しい人です。

おきなじゃなかったけどw
管理者:ネコ 2009/04/17 17:40

TRACKBACK

TrackbackURL:

07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ネコプロフ。
Profile

お知らせ

2007/11/21
相変わらず業者コメントに迷惑してます。 対策として「http」を禁止ワードに登録しました。 見つけ次第削除していますが、怪しげなコメントは引き続き放置でお願いします。

クリックでニャーニャー

最新コメント

[04/15 とはく爺]
[04/12 とはく爺]
[12/22 とはく爺]
[12/11 ちょ]
[12/07 すっぱし]

最新トラックバック

読んでにゃ

当blogに記載されている会社名、製品名、システム名などは各社の登録商標、もしくは商標です。 Copyright(C)2009 SQUARE ENIX CO.,LTD.All Rights Reserved
●当blogは基本的にリンクフリーですが、リンクの際にコメントかメールでご一報頂けると嬉しいです。●次の項目に該当するコメント・トラックバックは削除させていただく場合があります。【当ブログに全く関係のない内容、管理人や第三者への誹謗中傷、個人情報を公開する内容】【金銭の絡む悪質な宣伝行為】

ブログ内検索

カウンター

メール

管理人ネコへのメールはこちらからお願いします。 *マークの付いている箇所は記入必須です。

バーコード

Copyright © 猫いろは帳 All Rights Reserved.
Photo by 水の滸の我輩物語 
忍者ブログ [PR]